1. TOP
  2. 人探し
  3. 依頼する前に知っておきたい探偵と興信所の業務内容と違い

依頼する前に知っておきたい探偵と興信所の業務内容と違い

人探し  
この記事のタイトルとURLをコピーする
依頼する前に知っておきたい探偵と興信所の業務内容と違い

探偵と興信所の違いについて説明します。

どちらも依頼を受けた事柄を調べる仕事なので違いが無いような気がしますが実は大きく違いがあります。

興信所は、結婚、雇用、企業に対して行う調査なので調べる際には身分を明かしています。

一方探偵は調査対象者に身分を明かして接近したりしません。

そんな探偵と興信所の違いを今回はできるだけ詳しく紹介していきましょう。

探偵と興信所の違いと業務内容とは

人探し浮気調査依頼するため料金などを調べたり、どんなことを調べてもらうことができるのかをネットや電話帳などで検索したときに「○○探偵事務所」「○○興信所」という表記を見たことがあるというかたは多いかもしれません。

で気になるのが探偵と興信所の違いって何だろう?ということ。

今回は、そんな気になる探偵と興信所の違いについてできるだけ詳しく解説していきます。

 

探偵と興信所の主な業務内容

一般的に行って興信所は企業の信用情報の調査として法人登記簿や決算書類の調査、役員との面接調査などを行います。(いわゆる信用調査。)

一方、探偵事務所は個人の所在や素行に関する調査として戸籍住民票等調査、聞き込み調査、尾行や張り込みなどを行い場合によっては盗撮や盗聴・盗聴器発見や盗撮気発見を行うことがあります。(いわゆる行動調査。)

このように興信所と探偵事務所とは業務内容で大まかに分けることができますが、実際には興信所が個人の所在調査や素行調査を行うこともあり前述のような両者の間の業務は似ており、同じ会社で統一して行われることが多くなっているのが現状です。

探偵と興信所の違い

主な業務内容を興信所・探偵で紹介しましたが、現在はそこまでの大きな違いはなくなってきていると上の最後のほうでも紹介しました。

以前は、興信所は、企業の依頼を受けて取引先の信用調査・などを行う・探偵事務所は、主に個人の依頼を受けて身の上調査などを行うものと考えられていました。

しかし、両社は厳密に使い分けられているわけではありませんし、業務内容も分かれているといわれていますが、必ず明確ではないようのが現状です。

また、法律では「探偵業法」という法律も存在します。これらは探偵・興信所として調査業を行う方たちの法律になります。

背景

探偵者、興信所等の調査業については、

  • 調査依頼者との間における契約内容等をめぐるトラブルの増加
  • 違法な手段による調査、調査対象者等の秘密を利用した恐喝等、従業者による犯罪の発生

等の悪質な業者による不適正な営業活動が後を絶ちませんでした。

それまで、日本には、調査業を規制する法律はありませんでしたが、このような状況にかんがみ立法化が検討された結果、調査業のうち探偵業について、平成18年6月「探偵業の業務の適正化に関する法律(以下「探偵業法」といいます。」)が制定され、平成19年6月に施行されました。

探偵業法の目的

探偵業法は、探偵業について必要な規制を定めることにより、その業務の適正を図り、もって個人の権利利益の保護に資することを目的としています。

定義と欠格事由

定義

「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として、面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいいます。

引用:警視庁「探偵業の業務の適正化に関する法律等の概要」より

このように法律では探偵業法という法律で呼ばれているのですが、探偵・興信所ともにかかわる法律なので基本的に大きな違いはないといえます。

では、探偵と興信所という名称に分けられているのかについてさらに紹介していきたいと思います。

現代において、興信所のすべての要素は探偵と同じで有り、実質的な違いは無い。

ただ、日本語解釈としては、興信所が文字通り、【信を興す】という信用を調べることを意味した語であるのに対して、探偵は偵を探す、すなわち、様子をうかがい探すという物理的な確認を意味した語となる。

ですので、日本語を正確に解釈した場合、興信所のほうが探偵よりも、より高度な対応を求められるものと言えるのではと思います。

まとめ

業務内容は基本的に現在はにているため

大きな違いとしては

  • 興信所の調査員は【身分を明かして調査を行う。
  • 探偵事務所の調査員は【相手に気づかれることなく調査を行う

この点が大きな違いといえます。

 

探偵業のルーツと歴史

19世紀後半の1889年(明治22年)頃、イギリスで現在の探偵と呼ぶ職業が始まり、
その後19世紀終わりアメリカ でも現在の探偵の職業が開始された。

1891年(明治24年)5月21日の朝日新聞に帝國探明會という企業が 「詐欺師や盗人の所在を調べる。他人の行動調査を実施する。」との広告を出稿していた事実が残されているのが 確認される探偵社としては日本では最も古いものである。

さらに1892年には、日銀や大阪地区の銀行などの出資を 受け、外山 脩造により、日本で最初の興信所である「商業興信所」が設立。その後、1895年(明治28年)に 岩井三郎 探偵事務所が開業。

興信所のルーツと歴史

興信所ですが、明治維新後商工業が盛んになり企業間の取引が重要視され、取引先の信用調査といった需要が増えたことにより、当時の日本銀行理事の外山修三が「商業興信所」を設立。
これが日本で初めての興信所となったのです。

興信所の特徴は設立の経緯からもわかるように、企業に対する調査が当時の大きな使命でした。
現在の興信所業務として代表的なのは、結婚等の信用調査、企業関連の雇用・取引先の信用調査などがあります。

引用:原一探偵事務所より